人気名所を観光で巡る

家族・友人と名所観光

史跡や神社における観光のマナー

史跡や神社の観光をする際には、様々なマナーを守ることがとても大事です。最近では、人気のスポットのツアーに参加をする人が少なくありませんが、信頼のできる旅行会社のパンフレットやカタログなどにじっくりと目を通しておくことがおすすめです。特に、有名な史跡や神社のガイドブックを読み通しておくことによって、いくつかのマナーを効率よく身につけることが出来ます。また、観光スポットの選び方について迷っている場合には、仕事や家事などの空き時間を利用しながら、ベテランの旅行会社のスタッフに相談を持ち掛けることが良いでしょう。

正しいマナーで史跡・神社を巡る

観光の目的は、日頃の疲れを癒すとか、新しいものの発見とか様々ですが、それを心から楽しむためには最低限の守りたいマナーがあります。史跡にしても神社にしても立ち入り禁止となっているのに、見ている人がいないからと無視したり、隠れて潜り込もうとしたりするのはタブーです。危険から守るため、史跡の保護あるいは神社なら、人が立ち入るべきでない聖地であるのです。結界が張ってあるのでわかるはずで、触れてはいけない、持ちかえってはいけないものもあります。また、参拝の作法がありますが、こちらは本人の心の持ちようが問われます。神道を信じているのではないにしても、そこにはある人々にとっては大切な神がいるのですから静かにするものです。観光のマナーは周囲に不快な思いをさせないことに尽きるのではないでしょうか。

イチオシスポット情報

新着情報

↑PAGE TOP